さ章の「せ」・・・責任感は自分の価値を高める

責任感というものは私生活の面でも仕事の面でも必ず付きまとうものです。責任感を高めるには自己意識改革を行うしかありませんが、意識改革をどのようにすれば良いのか、責任感を高めるためのトレーニングはどのようにすれば良いのか。それをご紹介させて頂きます。

 

責任感を高めると何のメリットがあるのか。そして自分がどう評価されるのかという観点から見ると、まず責任感を育てる事により大切な仕事を任される、私生活に於いては家族を守る事が出来て人から評価されるというのが一般的な回答ですが、責任感を得る事によって人から評価されるのを期待するだけなら、責任感を得るメリットはあまり無いと言えます。

 

では責任感とはどういったものなのか。

責任感は自意識を高めるもので、人からの評価は後で勝手に付いてくるものです。

ではなぜ自意識を高める必要があるのか。それは自分がこれから始める事に対して最後までやり遂げる、そして結果を出すという方法を自分が学ぶ必要があるからです。

 

自分の中で中途半端で終わる事、今までにあったと思います。ではなぜ中途半端で終わる事になったのか。私の考える理由は二つあります。一つは中途半端で終わった物事に対して信念が無かった、もう一つはその事に対しての責任感を感じる事が出来なかった、この二つが重なり合って中途半端で終わったのだと思います。

 

要するに中途半端で終わってしまったものに対して、強い思いが無かったと言えるでしょう。

 

物事に対してやり遂げる能力を持つ事により自意識が高まり、そしてやり遂げた結果、成果が生まれ自信につながる。それを他人から見ると責任感が強い人だと判断する。

それが一般的に言う責任感だと仮定出来ます。

何事も一度やると決めたら最後までやり通す事が大切で、やらないならやらないと決めて物事を開始しない方が途中で物事を放棄しないので責任感があると言えます。

大切な何かを作りあげる、守り通す為にはやはり責任感が必要だと思います。

 

人は他の人たちと共に生きていく必要があり、自分だけの人生であれば責任感を持つ必要は無いかもしれませんが人生は人とのかかわりを持つ機会が多い為、責任感を問われてしまう事が多く発生します。自分の責任感を育てる事により、人からも信頼されより良い人生へとつながるのは間違いありません。

 

責任感を感じて何が起きても自分が責任を取るようなお人好しになる事ではありません。一人の人間として人に迷惑をかけない、自分の行動に責任を持つという事が大切です。

 

次へ続く:http://www.progress-heart.com/2017/01/14/story3-5/

さ章の「せ」・・・責任感は自分の価値を高める” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: さ章の「す」・・・捨てられない気持ちを捨てる – 凰仁志 龍一ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です