さ章の「さ」・・・最初の一歩を踏み出せば道は必ず開ける

私生活や仕事中に於いて様々な場面に遭遇します。

たとえば休日に家族と遊びに出かけたいが夫は自分の趣味に没頭し思いどおりに出かける事が出来ない、パーティーに出席しているが他の出席者と話をする勇気が出ず話が出来ない・話すタイミングが合わない、会議中にプレゼン内容に疑問を抱いたがその場で発言出来ないなど、あと一歩の所で次につながるチャンスを逃している場合が多々あると思います。

 

日本人は昔からまわりの人に合わせる傾向が非常に強く、自分の意見を殺して多数派の仲間入りをする事があります。小学校のいじめが無くならないのもこれが原因で一人を救う為に多数派を離脱して救う事が出来ないなどが一例です。

人はなぜ大切な一歩を踏み出す事が出来ないのか、踏み出す勇気を持つことが出来ないのか。その根本的理由が「同調」です。

ここで言う同調とは、多数派の意見に合わせてその意見が正しいと自分に言い聞かせる事を言いますが、同調すれば自分の意見など存在しないのと同じです。物事をより良い方向へと変える為には変化が必要です。変化を得るには新しい行動が必要なのです。同調していると新しい何かは生まれず、今までと殆ど変る事は無いのです。

 

大切なのは人の意見はもちろん尊重し、自分が今どう思っているのかを素直に伝える事です。それが反感の目に触れようとも、間違っているかもしれないと思っても自分が意見を出さなければ他人の意見でその話は成立してしまうのです。言わずして後悔するより発言して新しい何かを発見できる方が良いと思います。

 

その一歩を踏み出す事によって、人は次のステップへ進んでいけるのです。恐れる必要も無く、人の意見に同調する必要も無いのです。ただ人の気持ちや意見を抑え込んで自分の意見を突き通すという事ではありません。まずは自分が今思っている事を一言で良いので発言してみる事です。

受け入れる体制が整っていなければ、発言した意見は無駄になるかもしれません。

しかし、発言する事により人は一歩前進する事が出来るのです。

 

大切なのは常に前進する意識を持つ事、一歩踏み出す勇気を持つ事です。一歩踏み出す事によって自分自身は確実に成長します。そして新しい人生への第一歩を踏み出す事によって、より良い人生を歩む事が出来ます。一歩踏み出す勇気を自分自身に植え付けてください。勇気があれば人は先へ進む事が出来ます。

 

次へ続く:http://www.progress-heart.com/2017/01/17/story3-2/

さ章の「さ」・・・最初の一歩を踏み出せば道は必ず開ける” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ちょっと一息!真似っこ黒猫君 – 凰仁志 龍一ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です