か章の「き」・・・気づきの大切さを学ぶ

「気づき」という言葉をよく耳にすると思いますが、この気づきという言葉は幸せな人生を掴む、成功を掴む為には無くてはならない言葉です。

 

気づきという言葉がどうしてそんなに大切なのか。

それは、「気づき」が無ければ何も生まれないからです。私生活・ビジネスどちらに於いても気づきがあれば、そこから新しいものが生まれます。もし気づきが無ければ、人は同じ生活と行動を繰り返してしまいます。

 

自分が同じ行動を繰り返している事自体に気づかなければ、そこから抜け出す事は出来ません。このように説明すればわかって頂けると思いますが、人が成長する、すなわち人が変われるのは気づきがあるからなのです。

 

気づきを多く持っている人は「人は変われる」「自分は変われる」という事を理解しています。現に自分自身が常に変わり続けているからです。

 

そして人は気づきを他の人に与える事が出来るのです。自分への気づき、他人への気づき、そして物事への気づきのすべて兼ね備える事によって、人は飛躍的に良い方向へと変わることが出来るのです。それが自分のまわりにいる人たちにも影響し、すべてが良い方向へと変わっていきます。

 

普段の生活をしていても、人は誰でも物事への気づきを自分が気づかない部分で気づきを得ています。だから毎日の生活が成り立っているのです。だから仕事が出来るのです。そうでなければ同じ生活を廻っている事でしょう。

 

自分自身にもすでに気づきが備わっているという事を認識してください。そしてその気づきの回数を増やす事により、良い方向へと変わって行けるという事を認識してください。この内容をお読み頂いた時点で、すでに大切な気づきを一つ得ています。

 

ここで一つ、成功者や発明者の気づきというのはまた違った特徴があります。それは万人が気づく所と違ったものの見方をしています。たとえば、ニュートンの話は有名ですが、赤く美味しそうに実ったリンゴが地面に落ちる。万人の気づきは食べごろになったので落ちてきた、ラッキーなどリンゴを食べる事に対して思考を使います。

 

しかしニュートンの場合、リンゴはどうして下に落ちてくるのだろうという疑問を持ちます。そこに気づきが発生するのです。そして万有引力の法則を研究し発見する事が出来るのです。

 

物事を違った角度で見る事により新しい発見が生まれます。これは誰もが出来るものではありませんが、自分の周りで起こる出来事に対して、気づきをたくさん持つ事によってトレーニングする事は可能です。

人より能力が優れているなど、生まれ持った能力はそれほど大きな違いはありません。その後の生活環境や気づきの量によってすごく大きな違いが発生するのです。

 

今まで気づきに対してそれほど意識をしていなかったなら、これから気づきを意識して生活してください。そうすればまた新たな発見、そして新たな人生が必ず開けて来ます。

 

次へ続く:http://www.progress-heart.com/2017/01/23/story2-3/

か章の「き」・・・気づきの大切さを学ぶ” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: か章の「か」・・・変わった自分、これから変われる自分を褒めてやる – 凰仁志 龍一ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です